ポリフェノール 過剰 摂取 副作用

ポリフェノールを摂りすぎてもダメ?

ポリフェノールは抗酸化作用を持ち、動脈硬化やがんを予防し、抗アレルギー作用、殺菌作用など様々な働きを持っています。

 

ポリフェノールが体に良い成分となれば、たくさん摂取して健康を維持したいですよね。

 

ポリフェノールは一日の理想摂取量が1500mgとされています。

 

毎日この数字を達成できる人は少ないのですが、過剰摂取してこの数値を超えることがある場合、体にはどんな影響があるのでしょうか。

 

多くのポリフェノールは、過剰摂取しても特に問題はありません。

 

しかし、一部のポリフェノールには過剰摂取によって悪影響がでるものもあります。

 

過剰摂取で悪影響が出るポリフェノール

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンがその一つです。

 

大豆イソフラボンはその名のとおり、大豆に含まれるポリフェノールで、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするといわれています。
エストロゲンは女性らしさを司るホルモンです。

 

女性はホルモンバランスが体調にダイレクトに影響しますが、大豆イソフラボンを過剰摂取することでホルモンのバランスが崩れることで月経周期が乱れ、他の病気になりやすくなるなどの副作用があります。

 

カテキン

カテキンもに過剰摂取に少し心配があります。

 

カテキンの過剰摂取によって副作用があることはほとんどないのですが、カテキンが含まれるお茶やコーヒーを多量に飲むと、胃があれてしまうなどの二次的な症状がでることがあります。

 

 

 

健康に良いとされているものでもほどほどにし、3食バランスよく食事したうえで、ポリフェノールを意識的に摂取しましょう。

 

ポリフェノールの過剰摂取と副作用関連ページ

ポリフェノールの上手な摂取方法
ポリフェノールの上手な摂取方法について説明しています。ポリフェノールの必要量が不足しがちな日本人。ポリフェノールをチョコレートやカカオ、ブルーベリーなどで効率的に摂取する方法について紹介していますので、ぜひ実践してみてください。
ポリフェノールの1日の摂取量は?
ポリフェノールの1日の摂取量について説明しています。日本人は特にポリフェノールが不足しがちです。ポリフェノールが不足すると健康に害を及ぼしてしまう恐れもありますので、1日に必要なポリフェノールの量を知り、積極的に摂取することをおすすめします。
ポリフェノールが欠乏すると?
ポリフェノールの欠乏について分かりやすく説明しています。ポリフェノールが不足すると、さまざまな病気にかかりやすくなったり、花粉症に代表されるアレルギー症状が出やすくなるでしょう。ポリフェノールは体内に貯めておけませんので、食事などでこまめに摂取することが大切です。