ポリフェノール 1日 摂取量

ポリフェノールは健康に欠かせません

植物が光合成する際にできる色素や渋み、苦みなどの成分をポリフェノールといいます。

 

ポリフェノールは様々な植物に含まれており、多くが私たちの健康に役立つことがわかりました。

 

ポリフェノールを多く含むもので有名なのは、赤ワインやカカオ豆からできたチョコレートです。

 

これらの商品のラベルによくポリフェノールを含んでいることが強調されていますよね。

 

この他にあまり知られていませんが、緑茶やウーロン茶、コーヒー、果物ではいちご、ぶどうなど、たくさんの食物にポリフェノールは含まれています。

 

ポリフェノールには、抗酸化作用があります。

 

また、動脈硬化、抗ガン作用、抗アレルギー作用、老化防止など体に有効な働きがあります。

 

このように、体に良い成分が満載のポリフェノールですので、是非毎日摂取したいのですが、実際、私たちはどのくらいのポリフェノールを摂取できているでしょうか。

 

ポリフェノール不足を解消しよう

ネスレ日本株式会社と調査会社イードが共同でアンケートをとった結果、成人の平均摂取量は一日あたり1010mgでした。

 

ポリフェノールは一日に1500mg摂取するのが理想とされていますので、これでは少し少ないです。

 

ポピュラーな飲み物のポリフェノールの量を挙げますと、飲料100mlにつき緑茶は115mg、ココアは62mg、コーヒーは200mg含まれています。

 

また、赤ワインは一番多くて230mg含まれています。

 

赤ワインは誰しもが飲めるものではありませんので、この不足分を補うためには、コーヒーを2杯飲めば解消できますね。

 

是非意識的に摂り入れてみてください。

 

 

ポリフェノールの1日の摂取量は?関連ページ

ポリフェノールの上手な摂取方法
ポリフェノールの上手な摂取方法について説明しています。ポリフェノールの必要量が不足しがちな日本人。ポリフェノールをチョコレートやカカオ、ブルーベリーなどで効率的に摂取する方法について紹介していますので、ぜひ実践してみてください。
ポリフェノールが欠乏すると?
ポリフェノールの欠乏について分かりやすく説明しています。ポリフェノールが不足すると、さまざまな病気にかかりやすくなったり、花粉症に代表されるアレルギー症状が出やすくなるでしょう。ポリフェノールは体内に貯めておけませんので、食事などでこまめに摂取することが大切です。
ポリフェノールの過剰摂取と副作用
ポリフェノールの過剰摂取と副作用について説明しています。基本的にポリフェノールを過剰摂取しても大きな問題はありません。ただし、ポリフェノールの種類によっては過剰摂取による副作用が表れる場合がありますので、十分ご注意ください。