ポリフェノール 摂り方

ポリフェノールの摂取量が不足!

ポリフェノールを含む食品は非常に多くあります。

 

ですが、日本人の多くは理想のポリフェノールの摂取量に足りていません

 

ポリフェノールを多く含む赤ワインをよく飲む習慣がある欧州人に比べると、摂取するのが大変ですね。

 

ポリフェノールを含む食品で有名なものは、チョコレート、赤ワイン、コーヒー、緑茶、ブルーベリーなどがあります。

 

これらを効率よく摂取するには、どうしたら良いのでしょうか。

 

 

ポリフェノールを効率的に摂取するために

チョコレート

まず、間食でチョコレートを摂取するなら、なるべくカカオの濃度の高いものを選んでください。

 

カカオの含有率が70%以上になりますと、チョコレートは甘いというよりは苦く感じると思います。

 

この苦みがポリフェノールです。

 

砂糖やミルクのたっぷりと入ったチョコレートでは、ポリフェノールの摂取は難しくなります

 

もちろん、ホワイトチョコレートにポリフェノールは含まれません。

 

コーヒー

食後にコーヒーを飲むなら、なるべく焙煎が浅い物にすると良いでしょう。

 

ポリフェノールは焙煎すると減ってしまいます。

 

ゆえに、生豆はポリフェノールを多く含みます。

 

最近は生豆のコーヒーも販売されていますので、是非探してみてください。

 

ブルーベリーやぶどう

ブルーベリーやぶどうは、果肉だけでなく、種子や皮にもポリフェノールが含まれます

 

ジューサーなどで砕き、まるごといただくと効率よくポリフェノールが摂取できるでしょう。

 

ポリフェノールは水溶性ですので、体内に蓄積できません

 

できたら、3度の食事毎摂取してくださいね。

 

ポリフェノールの上手な摂取方法関連ページ

ポリフェノールの1日の摂取量は?
ポリフェノールの1日の摂取量について説明しています。日本人は特にポリフェノールが不足しがちです。ポリフェノールが不足すると健康に害を及ぼしてしまう恐れもありますので、1日に必要なポリフェノールの量を知り、積極的に摂取することをおすすめします。
ポリフェノールが欠乏すると?
ポリフェノールの欠乏について分かりやすく説明しています。ポリフェノールが不足すると、さまざまな病気にかかりやすくなったり、花粉症に代表されるアレルギー症状が出やすくなるでしょう。ポリフェノールは体内に貯めておけませんので、食事などでこまめに摂取することが大切です。
ポリフェノールの過剰摂取と副作用
ポリフェノールの過剰摂取と副作用について説明しています。基本的にポリフェノールを過剰摂取しても大きな問題はありません。ただし、ポリフェノールの種類によっては過剰摂取による副作用が表れる場合がありますので、十分ご注意ください。