ビタミンE

抗酸化作用の代表的な栄養素 ビタミンE

ビタミンEはビタミンA同様、油に溶けやすい脂溶性のビタミンです。

 

熱に弱く、酸化しやすい性質を持っています。

 

ビタミンEは、ヒマワリ油やナッツ類、うなぎ、かぼちゃなど様々な食物に含まれています

 

通常の食生活をしていれば、特に不足することは考えられませんが、偏った食生活をすると欠乏する可能性があります。

 

万一ビタミンEが欠乏すると、貧血などの症状がでることがありますので、注意が必要です。

 

では、ビタミンEはどのような働きをしているのでしょうか。

 

ビタミンEの働きとは

ビタミンEには強い抗酸化作用があります。

 

抗酸化作用とは、体の酸化を防き、各器官を守ってくれることをいいます。

 

私たちが生きて活動をしていると、細胞などから活性酸素が生まれます。

 

活性酸素は体の外から入ってきた細菌や異物をやっつける働きをしているのですが、過剰な活性酸素は体のいろいろな部分を老化させ、様々な病気をひきおこしてしまいます。

 

この活性酸素を除去するのがビタミンEの持つ抗酸化作用なのです。

 

ビタミンEが持つ抗酸化作用により、老化防止、貧血予防、動脈硬化の予防、など疾患の予防につながっているのです。

 

この他にもビタミンEは更年期障害や冷え性、肩こりを改善したり、老化を防止してくれます。

 

女性にとって嬉しい効能ですよね。

 

ビタミンEは過剰摂取すると、出血などの症状がみられますが、ごく稀です。

 

普通の食生活をおくっていれば、過剰摂取の心配もありませんので安心してくださいね。

ビタミンE関連ページ

カテキン
カテキンの効果について分かりやすく説明しています。カテキンは紅茶やウーロン茶、緑茶などに多く含まれていますが、カテキンを効率的に摂取するには緑茶が大変おすすめです。また、カテキンはビタミンCなどと摂取するとさらに効果が高まると言われています。
セレン
セレンは健康に欠かせないミネラルのひとつです。セレンの抗酸化作用はビタミンEの50倍以上もあると言われています。がんの予防や更年期障害の改善などに効果が期待できると言われていますので、毎日の食事で積極的に摂取することが大切です。
亜鉛
亜鉛には新陳代謝や免疫力を高める働きがあります。必須ミネラルのひとつとなっているため、毎日の食事で摂取することが非常に大切です。また、亜鉛には高い抗酸化作用が期待できるため、健康・美容の維持・改善にも欠かせない栄養素となっています。
ビタミンA
ビタミンAは目のビタミンとも呼ばれている脂溶性ビタミンです。目のトラブルを予防する効果だけでなく、がん予防や細胞の老化にも効果が期待できます。ここではビタミンAの働きをはじめ、ビタミンAを多く含む食材などを紹介していますので、ぜひご参考ください。
ビタミンC
ビタミンCの効果について徹底解説しています。人間は体内でビタミンCを作り出すことができません。また、健康には欠かせない栄養素でもありますので、食事などでバランス良くビタミンCを摂取することが求められます。ストレスに強い体を作る働きもあるため、毎日の食事で積極的に摂取しましょう。