ビタミンC

体内で作れない栄養素 ビタミンC

ビタミンCというと、酸っぱくて体に良い栄養素といったイメージがあるのではないでしょうか。

 

皆さんが思うとおり、ビタミンCは私たちの体にとって様々な良い働きをしてくれます。

 

ビタミンCは、壊血病を防ぐ因子として発見された栄養素です。

 

水に溶けやすい性質をもっており、人間はビタミンCを体内で作ることはできません

 

ビタミンCはその発見以来、様々な働きや効能があることがわかってきました。

 

ビタミンCはお肌に大切なコラーゲンを生成し、皮膚、粘膜、骨、筋肉、血管などの各器官を作ります。

 

白血球の働きを高め、風邪をひきにくくする効果もあります。

 

また、ビタミンCはストレスに強い体を作ってくれます

 

現代人にとって、ストレスがない生活は考えられません。

 

人間はストレスを受けるとそのストレスに対抗する副腎髄質ホルモンを分泌します。

 

ビタミンCはその副腎髄質ホルモンの増殖を促し、ストレスに対抗する体を作ってくれるのです。

 

そして、ビタミンCにはもう一つ重要な働きがあります。

 

それは、体内で発生する活性酸素を除去する抗酸化作用です。

 

活性酸素は決して悪だけのものではないのですが、大量に発生することで体を老化させ、病気にかかりやすくなってしまいます。

 

ビタミンCはこの活性酸素を除去する作用だけでなく、酸化されたビタミンEを再生する働きもあります。

 

ですので、ビタミンCとビタミンEは一緒に摂取することが望まれています。

 

このようにビタミンCは体に有効な働きをたくさんもった栄養素ですので、是非毎日摂取することを心がけましょう。

ビタミンC関連ページ

カテキン
カテキンの効果について分かりやすく説明しています。カテキンは紅茶やウーロン茶、緑茶などに多く含まれていますが、カテキンを効率的に摂取するには緑茶が大変おすすめです。また、カテキンはビタミンCなどと摂取するとさらに効果が高まると言われています。
セレン
セレンは健康に欠かせないミネラルのひとつです。セレンの抗酸化作用はビタミンEの50倍以上もあると言われています。がんの予防や更年期障害の改善などに効果が期待できると言われていますので、毎日の食事で積極的に摂取することが大切です。
亜鉛
亜鉛には新陳代謝や免疫力を高める働きがあります。必須ミネラルのひとつとなっているため、毎日の食事で摂取することが非常に大切です。また、亜鉛には高い抗酸化作用が期待できるため、健康・美容の維持・改善にも欠かせない栄養素となっています。
ビタミンA
ビタミンAは目のビタミンとも呼ばれている脂溶性ビタミンです。目のトラブルを予防する効果だけでなく、がん予防や細胞の老化にも効果が期待できます。ここではビタミンAの働きをはじめ、ビタミンAを多く含む食材などを紹介していますので、ぜひご参考ください。
ビタミンE
ビタミンEの働きについて分かりやすく説明しています。ビタミンEは脂溶性のビタミンですが、普段通りの食事をしていれば過剰摂取になることはほとんどありませんので、ご安心ください。ビタミンEの抗酸化作用は非常に高く、病気や老化の予防に高い効果が期待できるでしょう。