カテキン

緑茶は健康維持に高い効果が期待できます!

日本人は緑茶が大好きです。

 

日本人の心といっても過言ではありません。

 

食後だけでなく、3時のおやつの後やホッとしたい時間にもお茶を飲む方は多いと思います。

 

緑茶は飲むだけでなく、風邪やインフルエンザなどの感染を予防するために、うがいに用いられることもあります。

 

また、緑茶を淹れた後にでる“出涸らし”を撒いて掃き掃除をすると、部屋のほこりやゴミが出涸らしの茶葉にくっつき、掃除機を使わなくてもお部屋を綺麗にすることができます。

 

このように、緑茶は日本人の生活に深く根付いている飲みものですが、緑茶にはどんな成分が含まれ、どのような効果があるのでしょうか。

 

カテキンの効果とは

緑茶にはカテキンという成分が含まれているのは、周知の事実です。

 

このカテキンは緑茶、紅茶、ウーロン茶などに含まれるポリフェノールの一種です。

 

紅茶やウーロン茶に含まれるカテキンは、カテキンが複数集まって結合したカテキン重合体であり、緑茶に含まれるカテキンの働きとは少し異なり、独自の作用をします。

 

緑茶に含まれるカテキンは、私たちの体に非常に有効な働きをします。

 

まず、カテキンは強い抗酸化力をもっています。細胞、血管、臓器、皮膚など様々な器官の老化を防いでくれるので、病気になりにくい体を作ってくれます。

 

また、抗酸化作用により、がんの発生を予防する働きもあります。

 

具体的には、食道がん、胃がん、女性特有の子宮頚がん、乳がん、卵巣がんの発生を抑えるといったデータがあるようです。

 

この他に、カテキンには殺菌作用、糖尿病や高血圧を予防する作用など、多くの働きがあります。

 

カテキンは、ビタミンA、C、Eと一緒に摂取するとその働きが強化されますので、効率的に摂取したい方にこれらと一緒に摂る事をお勧めします。

カテキン関連ページ

セレン
セレンは健康に欠かせないミネラルのひとつです。セレンの抗酸化作用はビタミンEの50倍以上もあると言われています。がんの予防や更年期障害の改善などに効果が期待できると言われていますので、毎日の食事で積極的に摂取することが大切です。
亜鉛
亜鉛には新陳代謝や免疫力を高める働きがあります。必須ミネラルのひとつとなっているため、毎日の食事で摂取することが非常に大切です。また、亜鉛には高い抗酸化作用が期待できるため、健康・美容の維持・改善にも欠かせない栄養素となっています。
ビタミンA
ビタミンAは目のビタミンとも呼ばれている脂溶性ビタミンです。目のトラブルを予防する効果だけでなく、がん予防や細胞の老化にも効果が期待できます。ここではビタミンAの働きをはじめ、ビタミンAを多く含む食材などを紹介していますので、ぜひご参考ください。
ビタミンC
ビタミンCの効果について徹底解説しています。人間は体内でビタミンCを作り出すことができません。また、健康には欠かせない栄養素でもありますので、食事などでバランス良くビタミンCを摂取することが求められます。ストレスに強い体を作る働きもあるため、毎日の食事で積極的に摂取しましょう。
ビタミンE
ビタミンEの働きについて分かりやすく説明しています。ビタミンEは脂溶性のビタミンですが、普段通りの食事をしていれば過剰摂取になることはほとんどありませんので、ご安心ください。ビタミンEの抗酸化作用は非常に高く、病気や老化の予防に高い効果が期待できるでしょう。