ポリフェノール 種類

注目されているポリフェノール

多くの植物は光合成によって色素、渋み成分であるポリフェノールを合成します。

 

ポリフェノールといっても、様々な種類のポリフェノールがあり、わかっているだけでも5000種類以上あるといわれています。

 

5000種類すべてを挙げるのは非常に難しいので、ここでは私たちがよく摂取しており、注目されている成分をご紹介します。

 

タンニン

まず、ポリフェノールといえば赤ワインや紅茶に多く含まれている「タンニン」です。
赤ワインにはタンニンだけではなく、葡萄の皮の色素成分であるアントシアニンも多く含みます
赤ワインは、ポリフェノールの宝庫ですね。

 

カテキン

日本人が好んで飲む緑茶には「カテキン」というポリフェノールが含まれています。
カテキンはウーロン茶などのお茶類全般にも含まれます。

 

ウーロン茶ポリフェノール

このカテキンが結合することでできるポリフェノールが「ウーロン茶ポリフェノール」です。
ウーロン茶ポリフェノールは、カテキン単体の働きとは違い、脂肪分を分解するような働きをします。

 

カカオポリフェノール

近年のカカオブームで忘れてはいけない「カカオポリフェノール」もあります。
チョコレートの原料、カカオに含まれるポリフェノールで、チョコレートからポリフェノールが摂れることで人気を集めています。

 

イソフラボン

女性ホルモンと似た働きをする「イソフラボン」も注目され続けていますね。
イソフラボンは大豆に多く含まれ、納豆や豆腐などから摂ることができます。
女性に人気のポリフェノールです。

 

クルクミン

二日酔い予防に効くとされているウコンにふくまれる色素成分「クルクミン」もポリフェノールの一つです。
お料理によく使うしょうがの黄色い成分もそうです。
こちらは食物としてだけではなく、染料として使われることもあります。

 

 

 

このように、ポリフェノールの種類はとても挙げきれません。
ポリフェノールとは普段私たちが摂っている食物の多くに含まれていて、私たちを健康に導いてくれる救世主であるといえるでしょう。

ポリフェノールの種類関連ページ

ポリフェノールとは
ポリフェノールについて分かりやすく説明しています。ポリフェノールは多くの植物に含まれており、その種類は5000種類以上もあるのです。また、近年では人間の健康にポリフェノールが有益であるということも分かっており、大きな注目を集めています。
ポリフェノールの発見と歴史
ポリフェノールの発見と歴史について解説しています。ポリフェノールはフランスで初めて発見されました。フランス人が循環器系の病気にかかりにくいということから研究が進められ、赤ワインに含まれるポリフェノールの存在に気付いたのです。
抗酸化作用とは
ポリフェノールの抗酸化作用について分かりやすく説明しています。体に老化をもたらす活性酸素を抑えることが抗酸化作用です。つまりポリフェノールを含む食材を積極的に摂取することで、身体の老化予防が期待できるのです。