ポリフェノール 抗酸化作用

ポリフェノールで酸化予防

赤ワインなどに多く含まれる成分「ポリフェノール」が持つ働きの中には、活性酸素を抑えるといわれている抗酸化作用があるといわれています。

 

活性酸素、抗酸化作用ともに健康を語る上で避けては通れない言葉です。

 

しかし、その性質や働きについてあまり詳しくは知られていません。

 

一体、抗酸化作用とはどのような働きをするのでしょうか。

 

 

抗酸化作用の働きとは

私たちは呼吸で酸素を体にとり込んでいます。

 

その酸素は体のすみずみまで行き渡り、エネルギーを与えてくれるのですが、その酸素の一部は活性酸素に変化してしまいます。

 

その割合は体にとり込んだ酸素の2%位です。

 

活性酸素は、殺菌作用もあるので一概に悪いものとはいえないのですが、その発生する量が多くなりますと問題が起こります。

 

簡単に言うと、体を錆させてしまうのです。

 

体が錆びるというのは、体の老化につながります。

 

糖尿病や癌などの病気を引き起こす可能性も高くなってしまうのです。

 

この活性酸素を抑えるのが抗酸化作用の働きです。

 

抗酸化作用は本来持ち合わせている働きですが、加齢などが原因で働きが減ってしまいます。

 

ですので、抗酸化作用のある食べ物を摂取して、その働きを補うことが大切です。

 

ポリフェノール、βカロチン、ビタミンCは抗酸化作用のある物質です。

 

葡萄、チョコレート、にんじん、トマト、レモンなどこれらを含んだ食物はたくさんあります。

 

是非、多く含んだ食物を摂って体を錆させないようにしましょう。

抗酸化作用とは関連ページ

ポリフェノールとは
ポリフェノールについて分かりやすく説明しています。ポリフェノールは多くの植物に含まれており、その種類は5000種類以上もあるのです。また、近年では人間の健康にポリフェノールが有益であるということも分かっており、大きな注目を集めています。
ポリフェノールの種類
ポリフェノールの種類について説明しています。現在のところ、5000種類以上のポリフェノールが存在していることが分かっていますが、ここでは特に注目を集めているポリフェノールについて説明していますので、参考にしていただければ幸いです。
ポリフェノールの発見と歴史
ポリフェノールの発見と歴史について解説しています。ポリフェノールはフランスで初めて発見されました。フランス人が循環器系の病気にかかりにくいということから研究が進められ、赤ワインに含まれるポリフェノールの存在に気付いたのです。