ポリフェノール

ポリフェノールの基礎知識エントリー一覧

ポリフェノールとは
近年、ワインやチョコレートなどに含まれている成分「ポリフェノール」が注目されています。食品にポリフェノールが入っていると表示されていると、ついつい手が伸びてしまいますよね。しかし、実際はポリフェノールの正体を知っている方は多くないと思います。一体、ポリフェノールとはどんな成分なのでしょうか。ポリフェノールとは、植物が自らの身を守るために光合成することでできる渋みや色素の成分のことを言います。ゆえに、多くの植物にはポリフェノールが含まれています。実は、ポリフェノールの「ポリ」はたくさんのという意味...
ポリフェノールの種類
多くの植物は光合成によって色素、渋み成分であるポリフェノールを合成します。ポリフェノールといっても、様々な種類のポリフェノールがあり、わかっているだけでも5000種類以上あるといわれています。5000種類すべてを挙げるのは非常に難しいので、ここでは私たちがよく摂取しており、注目されている成分をご紹介します。タンニンまず、ポリフェノールといえば赤ワインや紅茶に多く含まれている「タンニン」です。赤ワインにはタンニンだけではなく、葡萄の皮の色素成分であるアントシアニンも多く含みます。赤ワインは、ポリフ...
ポリフェノールの発見と歴史
ポリフェノールとは、植物が光合成をする際にできる苦み、色素成分です。その種類は5000種類を超えるといわれています。現在では、ポリフェノールは人間の体に有効な成分であると判明し、その作用(抗酸化作用、抗アレルギー作用、殺菌作用など)が世の中に浸透しつつあります。そして、ポリフェノールはまだまだ研究し続けれらているわけですが、ポリフェノールはそもそもどのようにしてその効能を発見されたのでしょうか。ポリフェノールの発見の歴史を追ってみましょう。ポリフェノールの発見の歴史ポリフェノールがこんなにも注目...
抗酸化作用とは
赤ワインなどに多く含まれる成分「ポリフェノール」が持つ働きの中には、活性酸素を抑えるといわれている抗酸化作用があるといわれています。活性酸素、抗酸化作用ともに健康を語る上で避けては通れない言葉です。しかし、その性質や働きについてあまり詳しくは知られていません。一体、抗酸化作用とはどのような働きをするのでしょうか。抗酸化作用の働きとは私たちは呼吸で酸素を体にとり込んでいます。その酸素は体のすみずみまで行き渡り、エネルギーを与えてくれるのですが、その酸素の一部は活性酸素に変化してしまいます。その割合...